cart like comment menu user search icon-triangle help point logout arrow down arrow up arrow left arrow right arrow double left arrow double left link blank download avatar plus question star star star o star half up down cancel "/> pen coin-single icon-heart icon-beginner icon arrow right thin icon arrow left thin join_channel_right icon check icon play icon globe avatar premium icon crown icon film icon flag en icon flag jp logo heydouga icon access ranking theater spinner
全動画ストリーミング対応

ケリー - アメリカで武者修行してるマイナー日本人K1選手とまた撮影してきました 後半

※ストリーミング再生は現在アンドロイドのみ対応

自動選択
    プレイヤー

    前回までのあらすじ 友人の格闘技家がアメリカで武者修行してるので、遊びにいったら格闘技選手って以外とモテて外人とハメまくってたので、カメラまわしてみた。 -------------------------------------------------------------- ビッチな女はショーツをするりと脱ぎ捨てると、ビラビラの花びらを満開にさせ、花芯からとろとろの蜜を溢れださせるのだった。          「あ! ああぁん。あん。あん。気持ちいぃぃぃ!」 男優が熱くなった蜜壷のなかにちんこを突っ込み、一番感じる部分、Gスポットと呼ばれる所を引っ掻き回した。    「はあぁぁん! あ! あ! あ! すごい! イク! イきそう!」 蜜の溢れんばかりの音が、カメラのイヤホンを通じて僕の耳に届いてくる。          クチュクチュ、シュボシュボ……。 僕はもう必死でカメラを回しながらも、ただただライブで流れる映像に釘付けになった。          そして……。 パツキンは身体を硬直させた。         「はうぅぅぅ!」 奇声を発したかと思うと、おもらししたかのような潮を噴出したのだ。 蜜壷の中から、いつまでも溢れだすのだった。    「はぁ、はぁ、はぁ、……やだ、私ったら。」 パツキンが大量に潮を吹くのを初めて見た。 蜜で濡れたチンコを、ぺろぺろとしゃぶる。    「私何回イちゃうのかしら?」    「何人の男たちが私の身体を見てオナニーするのかしら。」 カメラモニターにはパツキンの口元が妖しげに笑っている。    「ねえ。私ににいやらしい命令をしてちょうだい」 声の中に笑みが聞こえる。。。

    もっと見る
    member_discount=0

    定価: $14.80

    レビュー投稿で 148 pt(10%)獲得

    • 配信日:2011-03-18
    • 主演:ケリー
    • 提供元:パツキンチャンネル
    • 動画再生時間: 14 分
    • ファイル容量: 825 MB
    • ファイルタイプ: wmv / 10000kbs/ DRMなし
    • 画面サイズ:720x480

    前回までのあらすじ 友人の格闘技家がアメリカで武者修行してるので、遊びにいったら格闘技選手って以外とモテて外人とハメまくってたので、カメラまわしてみた。 -------------------------------------------------------------- ビッチな女はショーツをするりと脱ぎ捨てると、ビラビラの花びらを満開にさせ、花芯からとろとろの蜜を溢れださせるのだった。          「あ! ああぁん。あん。あん。気持ちいぃぃぃ!」 男優が熱くなった蜜壷のなかにちんこを突っ込み、一番感じる部分、Gスポットと呼ばれる所を引っ掻き回した。    「はあぁぁん! あ! あ! あ! すごい! イク! イきそう!」 蜜の溢れんばかりの音が、カメラのイヤホンを通じて僕の耳に届いてくる。          クチュクチュ、シュボシュボ……。 僕はもう必死でカメラを回しながらも、ただただライブで流れる映像に釘付けになった。          そして……。 パツキンは身体を硬直させた。         「はうぅぅぅ!」 奇声を発したかと思うと、おもらししたかのような潮を噴出したのだ。 蜜壷の中から、いつまでも溢れだすのだった。    「はぁ、はぁ、はぁ、……やだ、私ったら。」 パツキンが大量に潮を吹くのを初めて見た。 蜜で濡れたチンコを、ぺろぺろとしゃぶる。    「私何回イちゃうのかしら?」    「何人の男たちが私の身体を見てオナニーするのかしら。」 カメラモニターにはパツキンの口元が妖しげに笑っている。    「ねえ。私ににいやらしい命令をしてちょうだい」 声の中に笑みが聞こえる。。。

    もっと見る

    ※動画を購入された場合ダウンロードが可能になります。

    作品レビュー

    26 件のカスタマーレビュー

    この作品のレビューを投稿する

    送信中…

    レビュー投稿フォーム

    ※お名前は16文字以内でお願いします

    ※動画ファイル、ダウンロードの不具合の報告はコチラのお問合せフォームをご利用下さい